チャイナ‐シンドローム (SIGMA DP1 Merrill)

−チャイナ‐シンドローム−
原子炉のメルトダウン事故の深刻さを誇張して表現したことば。
燃料の溶融物が格納容器や建屋を貫通し、
地殻を突き抜けて地球の反対側まで達するのではないか、という想像。
米国で事故が発生すれば、
影響が地球の反対側の中国にまで及ぶという意味。


まったく関係ありませんが、
「気になるコンパクトカメラがありました」
      +
「10月から4年ぶりに仕事で中国通いする事になりました」
      =
SIGMA DP1 Merrill という選択」

dp1m1-1.jpg


では、なぜ、
中国出張とカメラ(SIGMA DP1 Merrill)が関係があるかと言うと...

「SIGMA DP2 Merrillの中国写真が素敵だった」
 (ココ→ SIGMA DPフォトギャラリー
      ↓
「中国出張にEOS5D MarkIII を持って行くのは気が引ける」
      ↓
「PEN E-P1 は最近下の娘(小4)が愛用している」
      ↓
「SIGMA DP1Merrill なら、良い写真が撮れるかも??」
      ↓
     (中略)
      ↓
「SIGMA DP1Merrill 欲しい」
     「予約」    ←← 今ココ



SIGMA DP1Merrillのwebサイトを見ると、
「あなたの眼と、心と、毎日を変えていく。SIGMA DP1Merrill」

とあります...
こういうのに弱いんですよね。
手にする日が楽しみです。。



7V0C9650DPP-1.jpg
EOS5D MarkIII + EF100 F2.8L Macro
備北丘陵公園 秋桜



7V0C9713DPP-14.jpg
EOS5D MarkIII + EF100 F2.8L Macro


今年、EOS5D MarkIII とレンズを買ったばかりで、
DP1Merrillの購入は流石に気が引けます...ごめん
我が家の家計はメルトダウン寸前です。



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。